ギャンブルは、初めから人間の文化の一部でした。エジプトと中国の初期の文書では、当時の社会の上流階級においてギャンブルが存在していたことが明らかになっています。また、日本の天皇は、余暇としてギャンブルを好んでました。しかし、ギャンブルは不運な時代も経てきており、特に世界大戦後の規制や制限に苦しみました。興味深いことに、日本は第二次世界大戦で被ったダメージを修復するために、ギャンブルビジネスによる収入を利用した世界で唯一の国です。カジノの存在は通常の現象でした。 ラスベガス: ギャンブル都市のトップリストを挙げるとすれば、ラスベガスがまず頭に浮かぶでしょう。ラスベガスのギャンブル産業は、20世紀の後半に現れました。そしてハリウッド映画によるポジティブな描写により、ラスベガスの一般的認識は変化していきました。ラスベガスでは、ギャンブルからスポーツベッティングに至るまで、探索できることが数限りなくあります。この街の高級感は、他のどの都市にも勝るといえます。カジノはいたるところにあるので、ゲーム不足になることはないでしょう。 マカオ: 中国では、カジノの運営は許可されていません。この事実により、マカオがギャンブルを好む人々にとって最高の目的地となったのです。一般に、世界のギャンブル中心地として知られているマカオは、世界中のギャンブラーが出会う場所としても機能しています。マカオの「国内総生産」の60%以上は、ギャンブルとゲームによるものです。さらに、この収益のほとんどは、香港と中国からの観光客から得ています。 ニュージーランド: ニュージーランドは、おそらくギャンブル業界で最も過小評価されている国の一つです。実際、ニュージーランドには非常に多くのカジノがあります。島国であるニュージーランドでは、他国ではできない体験が得られます。さらに、ハイキングが好きであれば、目を見張る風景が数多くあります。その上、都市の風光明媚な場所のすべてにカジノがあり、旅に楽しみを加えてくれます。ニュージーランドには、美しいカジノの建物と息を呑むような風景が存在するので、ギャンブルの目的地としてはユニークなポジションにあります。エレガントなホテル、食通を唸らせるほど美味しい料理、そしてこの上ない娯楽を提供するカジノがあります。この国への旅行は、間違いなく思い出深いものとなるでしょう。ニュージーランドでのギャンブルにおいて最も有難い点の一つは、法律によりギャンブルの賞金は収入と見なされていないため、税金がかからないということです。 シンガポール: シンガポールは、遺産と歴史が融合している国です。ギャンブル市場では新しい国と見なされていますが、ホテル「マリーナベイ・サンズ」はギャンブル施設の最高水準に達しています。豪華なホテルの快適さからテーブルゲームに至るまで、モダンカジノに要求されるすべてのものがここにはあります。シンガポールがギャンブル産業の発展を促進するにつれ、ギャンブル業界で素晴らしい評判を得るようになるでしょう。 まとめ: カジノは、最初にできた国々から発展途上国までへと拡大し、誰しもが簡単かつ便利にギャンブルできるようになりました。そしてカジノは、ギャンブル以外にも、そのほかの機能も提供するようになりました。ギャンブルをしない人たちを対象としたショッピングセンターやライブミュージックショーなどが加わったのです。その上、食欲を満たしてくれるレストランもたくさんあります。カジノを訪問して後悔することは決してないでしょう。